2018.08.01| Prego! もっと、オリーブオイル!

オリーブオイルのマメ知識

1、エクストラバージンとバージンの違いは?
オリーブの実を搾っただけのオイルをバージンオイルと呼び、中でも香りが高く品質の高いものをエクストラバージンと呼びます。品質を決める最大の要素は酸度。酸度が基準以下、つまり純度の高いものだけが、エクストラバージンと名乗ることを許されています。ただし国際基準と日本の基準は違うので注意。世界基準では酸度は0.8%以下です。

2、オリーブオイルの上手な保存方法は?
一番気をつけたいのは直射日光に当てないこと。次に温度の高いところもNG。紫外線や高音によって劣化してしまうからです。3つめは冷蔵庫やあまり寒いところに置かないこと。5度以下になるとオイルに白い結晶が出てきます。温度が高くなれば戻りますが、結晶を繰り返すとせっかくの香りが飛んでしまうので注意して。

3、オリーブはとってもデリケート。理想は手摘み&伝統製法
手摘みのメリットは、実に傷が付いていないかどうかも確認できる点です。製法については、最近では遠心分離機の機械を使うところが増えているものの、一度で大量に搾れる一方、途中で熱が加わったりすることから、オリーブの香りや成分を損なう恐れがあると言われています。対する伝統的な製法は、大きな石臼のような圧搾機を使って搾り、フィルターをプレスする方法。熱を加えない「コールドプレス」で仕上げるのが理想です。

シチリア家庭農園 EXバージンオリーブオイル 250ml

蔵元/産地:Filippo Grasso/Scilia
オリーブ品種:ランダッツェーゼ種90%、ノチェッラーラ・エトナ種10%

オリーブの収穫は11月に手摘みにて行われます。毎年500~700リットルのオイルが取れますが、2014年産は、自家消費分少々を除いての500リットルは、すべて「Quals」へ!!結果、FILIPPO GRASSOのオリーブ畑は、まさに“ Quals専用畑”ということになりました。この畑は、ワイン用ブドウ(Qualsへ出荷しているRipidduワイン)と境を持ち、約100本のオリーブの木が植えられていますが、その中には優に200年の樹齢を持つ木も含まれています。(なんと2世紀以上です!!)

 

購入ページへ 

SHARE THIS ARTICLE

 記事一覧へもどる