2021.02.13| 特集

カンティーナの今 〜スクアドラ・クオルスの仲間たちからの便り2〜

クオルス・リストランテが信頼するイタリア現地の生産者「スクアドラ・クオルス」の仲間達に、ワイナリーの今について聞いてみました。第2回目はエミリア・ロマーニア州、ブルソンでおなじみのテヌータ・ウッチェリーナの2代目エルメスからの便りです。

 

ーテヌータ・ウッチェリーナファミリーの歩みを教えてください

テヌータ・ウッチェリーナは、僕の父Alberto(アルベルト)のワイン造りへの情熱から生まれたカンティーナ。Sangiovese(サンジェヴェーゼ)と Albana(アルバーナ)の2種類から始まったワイン造りが、その後Longanesi(ロンガネージ)とFamoso (ファモーゾ)といった希少土着品種を手掛けることで成長し、今ではこれらが主力商品となっている。そしてカンティーナの創業者として父を語るなら、母Antonietta(アントニエッタ)のことも言わないわけにはいかない。彼女は、どんなに困難な時期でも決して歩みを止めることなく、父を支えてとにかく働き続けている。その強さとパワーは感嘆に値するよ。そんな両親のひたむきな情熱と努力を間近で見て育った僕は、自然にこの道を進むことを決心した。それで頑張って、ボローニャ大学で「ブドウ栽培とワイン醸造学」を学んだんだ。そして今、彼らの傍らに僕がいる。

ーワイン造りへのこだわり、モットーや哲学は?

今日、僕らはとても困難な状況にあるよね。でも必ず夜は明けると信じて、今まで通り一歩ずつ進んでいくだけだと思っている。この5年の間に新しいカンティーナができて、去年にはやっと新しい直売所の施設が完成したばかり。いよいよこれからだ!父はこんな状況の中でも、あいかわらずワイン造りの様々な新しいアイディアを出し続け試行錯誤を繰り返している。前だけに目を向けている。それは僕が受けついだ一番の“財産”なのかもしれない。実際、僕もそういう作業が本当に好きなんだよね。でも考えてみるとこの性格は父からだけでなく、その母である祖母のDNAが色濃く受け継がれているみたいだね。祖母はとにかく緻密な性格で、例えば画家が色彩の陰影の完璧さを求めるような、“細部”にこだわりがある人だったんだ。僕にもそんな部分、ちょっと完璧主義なところが、ワイン造りにおいてすごくある。でもこれは僕のワインのアイデンティティにおいて重要な要素だと思っているよ。そういう意味では、僕はカンティーのまだ2代目ではあるけど、今僕が造るワインは、何代も前からのファミリーの歴史を受け継いだ賜物だと思っているよ。

 

『次回はシチリア島、エトナ山ふもとのカンティーナ、フィリッポ・グラッソからの便りです。お楽しみに!』

 

 


エルメスのカンティーナ「テヌータ・ウッチェリーナ」のワインを味わってみませんか?

 

2013 ブルソン エチケッタ・ネラ 《契約オリジナルラベル》

蔵元/地方:Tenuta Uccellina/Emilia-Romagna
ブドウ品種:ロンガネージ100%
熟成法:バリック樽18ヶ月
生産本数:9,000本

奇跡のブドウ・ロンガネージをパッシート(陰干し)して糖分を高め、18ヶ月以上の熟成で作られる力強いワイン。レストランでも人気の一本です。

購入ページへ 

2015 サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ“クリヴォ” 《契約オリジナルラベル》

蔵元/地方:Tenuta Uccellina/Emilia-Romagna
ブドウ品種:サンジョヴェーセ100%
熟成法:バリック樽6ヶ月
生産本数:8,000本

酸味とまろやかさ、まろやかなタンニンのバランスが人気のサンジョヴェーゼ。
お肉全般とチーズなど幅広いマリアージュを。色々なぷどうの香りを楽しめる赤ワイン。

購入ページへ 

2017 アルバーナ・ディ・ロマーニャ《契約オリジナルラベル》

蔵元/地方:Tenuta Uccellina/Emilia-Romangna
ブドウ品種:アルバーナ100%
熟成法:大樽

濃厚な果実味、カモミールや花の香りが楽しめる白ワイン
パルマ産生ハム、チーズと共にお楽しみください。

購入ページへ 

2017 エルメス&ジオ

蔵元/地方:Tenuta Uccellina/Emilia-Romagna
クオルス・オリジナルのワイン
Tenuta Uccelinaの跡取り息子であるHermesエルメスの18歳誕生日を記念して造られたワイン。
ボローニャ大学醸造学科を卒業した彼により進化が予定されています。
貴腐菌の働きでブドウの糖度を上げ、トレッビアーノ種とは思えないアルコール度数が高いしっかりとした白ワインとなっている。

購入ページへ 

2019 ランベーラIGT

蔵元/地方:Tenuta Uccellina/Emilia-Romagna

中世には食用として人気だったが今は希少なエミリア・ロマーニャ州指定品種ブドウ「ファモーゾ」によるアロマティックな芳香とフレッシュさが特徴の1本。
アペリティーヴォにはもちろん、香り豊かなポルチーニ茸のピッツアなどにも最適な一本。

購入ページへ 

SHARE THIS ARTICLE

 記事一覧へもどる