2020.02.01| 〈PR〉アリタリア-イタリア航空で行くイタリアの街

パルミジャーノ・レッジャーノにプロシュット・ディ・パルマ 「美食の宝庫」パルマの魅力

世界三大ハムの一つ「プロシュット・ディ・パルマ(パルマハム)」や、イタリアチーズの王様とも呼ばれる「パルミジャーノ・レッジャーノ」に代表されるように、イタリアの中でも特に「美食の街」として名高いパルマ。街の路地にはトラットリアや総菜店がずらりと並び、観光客や地元住民で賑わいます。

 

総菜店の店頭にずらりと並ぶ惣菜の数々。どれも美味しそうで選びきれない。

 

イタリアチーズの王様「パルミジャーノ・レッジャーノ」。ずっしりとした存在感が歴史を物語っている

 

住宅街の外壁が色鮮やかにカラーリングされている。

 

エレガントな街の中、石畳のコースを走るマラソンランナーたち。

 

パルマ大聖堂入口の柱を支えるライオン像。

 

プロシュット・ディ・パルマ(パルマハム)や、サラミの盛り合わせ

また、街のシンボルでもあるロマネスク様式の大聖堂や、ピンクの美しい大理石で建てられた洗礼堂など、パルマの街並みはなんとも上品でエレガント。共和国通りから脇道に入ったボルゴ・ジャコモ・トンマシーニ通りでは、夕方になるとランプシェードが路地を幻想的に照らします。 町歩きを堪能した後は、お店のテラス席に座ってのんびりと、パルマの料理を楽しんでみませんか?

 

夕方になるとランプシェードで幻想的に照らされる、ボルゴ・ジャコモ・トンマシーニ通り

 

夜になるとお店のテラス席が観光客と地元客で賑わう。

 

夜のガリバルディ広場。パルマ市民に浸透している場所で、パルマの「広場」と言えばここを指すほど。広場の名前は19世紀の軍事家・ジュゼッペ・ガリバルディの名前からつけられたもの。

 

パルマはミラノとフィレンツェのちょうど真ん中あたりに位置しています。旅の途中に、美食の街へ立ち寄ってみてはいかがですか?

ミラノ中央駅(Milano Centrale)からパルマまでは電車で約1時間30分、フィレンツェ中央駅(Firenze Santa Maria Novella)からは約2時間と便利です。

 

 

 

赤堀美咲

アリタリア-イタリア航空 機内通訳
www.alitalia.com

SHARE THIS ARTICLE

 記事一覧へもどる